プロミスの審査で在籍確認はどのように行われる?職場にバレない理由を徹底解説

プロミスの審査で在籍確認はどのように行われる?職場にバレない理由を徹底解説

プロミスをはじめカードローンの審査では「在籍確認」という手続きがあります。

どの消費者金融でも重要な審査として位置づけられており、必ず実施されるものです。

在籍確認とは、申込者本人が本当に申告通りの企業に勤務しているかを確認するもの。消費者金融から直接電話がかかってくるため「消費者金融を利用することが職場にバレるかも」と多くの方が不安に思う嫌な手続きでしょう。

しかし、在籍確認がどのように行われるのかを事前にわかっていれば、全く問題ありません。

そこで今回の記事では、プロミスの在籍確認について徹底解説します。プロミスを利用したいが在籍確認により、職場にバレないか気がかりだという方は、ぜひ参考にしてみてください。

在籍確認とは?プロミスの審査でも行われるの?

在籍確認とは、カードローンの申込みを受けた銀行・消費者金融などの貸金業者が、申込時に登録された勤務先に電話で在籍しているかどうか確認する手続きです。

在籍確認の目的は「申告された勤務先・職場で本当に働いているか」の確認です。

また「安定した収入があり、返済能力があるか」の確認でもあります。当然ながら働いていなければ、安定した収入がなく、カードローンを返済できないからです。

そのため在籍確認は、カードローン審査で最も重要な審査手続きのひとつと見なされています。

プロミスの審査でもこれは例外ではなく、審査の際に在籍確認は必ず行われます。

プロミスの在籍確認が行われるタイミングは?

プロミスで在籍確認が行われるタイミングはいつ頃なのでしょうか。プロミスの申込みの流れは以下のようになります。

  1. 申込み
  2. 申込み内容の確認(本人の携帯電話にプロミスから入電)
  3. スコアリング審査
  4. 在籍確認
  5. 審査結果の通知
  6. 契約
  7. 借入

在籍確認はスコアリング審査が終わった後に実施されます。つまり、ほぼ審査が完了する時点で行われる最終確認のような手続きです。

プロミスの在籍確認方法

プロミスからどのような形で在籍確認の電話がかかってくるかわかっていれば、心の準備ができ安心できますよね。

どのような形で電話がかかってくるのか紹介します。

プロミスでなくスタッフの個人名でかけてくる

プロミスという社名を名乗らず、担当者の個人名でかけてきます。

そのため仮に電話を受けたのが他の社員であっても、プロミスへの申込みが職場にバレません。

またプロミスの電話番号は非通知設定になっているため、後から他の社員が折り返しでかけ直せないようになっています。

もちろん非通知設定を最初から受付ない勤務先の場合には、在籍確認優先のため、非通知設定を外して電話をかけることはあります。

しかしそれでも、その電話番号はプロミスが発信専用に開設しているので、後で他の社員が折り返し電話をかけても一切応答しないので安心です。

プロミスは本人が職場に秘密にしたいという思いを十分承知した上で、最低限のことしか話さないため過度に心配する必要はありません。

プロミスが在籍確認の電話をかける時間帯は営業日の9:00~21:00

プロミスが在籍確認で電話をかける時間帯は原則、営業日の9:00~21:00の間です。

その間に在籍確認ができなかったり、勤務先が休日または業務終了後で確認できなかったりしたときには、翌営業日以降の対応となります。

また事前にプロミスに相談すれば、在籍確認する時間帯を指定できることもあります。

在籍確認ではどんなことを聞かれる?

在籍確認でプロミスが職場に電話をかけたときは、どのようなやり取りがなされるのでしょうか?

以下、2つのケースに分けてその会話のやり取りを再現してみます。

【本人が出た場合】

  • プロミス「もしもし、◎◎株式会社でしょうか?私、○○と申しますが△△様はいらっしゃいますか?」
  • 他の社員「△△はおります。電話を替わりますのでしばらくお待ち下さい。」
  • 本人「もしもし、△△です。」
  • プロミス「もしもし、私プロミスの○○と申しますが△△様でいらっしゃいますか?」
  • 本人「そうです。」
  • プロミス「在籍確認でお電話させて頂きました。失礼ですが、フルネーム、生年月日、住所を教えて下さい。」
  • 本人「(フルネーム、生年月日、住所を伝える)」
  • プロミス「ありがとうございます。これで確認できました。それでは引き続きよろしくお願いいたします。」

【本人が社内に不在の場合】

  • プロミス「もしもし、◎◎株式会社でしょうか?私、○○と申しますが△△様はいらっしゃいますか?」
  • 他の社員「あいにくですが、△△はただ今、社用で外出中です。」
  • プロミス「分かりました。ありがとうございました。」
  • 他の社員「なにか△△に伝達事項がありましたらお伝えしましょうか」
  • プロミス「ありがとうございます。また改めて電話しますので結構です。失礼いたします。」

このようにたとえ本人がいなくても、他の社員を通じて「本人が在籍しているか」確認されます。

確認さえできればOKなため「プロミスからの電話であること」「在籍確認の電話であること」など、利用者にとって職場に知られたくない情報は話さないようになっています。

働き方別の在籍確認方法

カードローンの申込者には様々な方がおり、その働き方も様々です。サラリーマンもいれば、自営業者や会社経営者、働く学生や主婦もいます。

利用者の働き方により、対応の仕方や注意点が異なります。働き方別にポイントを解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

正社員

会社に勤めている正社員が在籍確認を受けるとき、プロミスに登録する電話番号は「勤務する会社の代表電話番号」です。

ただし会社の規模が大きく、内線でつないでもらうのが面倒なときは自分の所属する部署の電話番号を登録した方がいいでしょう。

申込者が契約社員や会社経営者の場合も同様です。

派遣社員

プロミスの申込者が派遣社員の場合、正社員と事情が異なるので注意が必要です。

派遣社員は、雇用主として社員登録するのは派遣元ですが、実際に働くのは派遣元が指定した派遣先という特殊な雇用形態です。

そのためプロミスが在籍確認で電話をかけるのは、基本的に派遣元となります。

ただし派遣元によっては、社内でその派遣社員の存在が薄く在籍確認が難しい場合もあるので、事前に電話当番の社員に根回ししておくことも必要かもしれません。

またプロミスが派遣先に電話することもあるので、派遣社員は色々なケースに備えて、できれば派遣元と派遣先の電話番号を一緒にプロミスに登録しておくのが理想的です。

さらに派遣元によっては個人情報保護を理由に在籍確認に応じてもらえない場合もあります。

その場合は、プロミスに電話の代替手段として「源泉徴収票」「給与明細書」などの会社に所属していることがわかる書類を提出しなくてはならない場合があります。

パート・アルバイト

バート・アルバイトの場合でも、正社員同様にプロミスへの電話番号の登録は勤務先です。

ただしパート・アルバイトの場合、複数の職場を掛け持ちしているケースもあり、どの職場を登録するか、悩む場合もあるでしょう。

その場合、最も勤務時間が長く給料に占める割合も多い職場の電話番号をプロミスに登録するのがベストです。

個人事業主

自営の場合、勤務形態は様々です。

事務所で一日中仕事する方や、工場で終日従業員とともに過ごす方、自宅をオフィスにしている方もいることでしょう。

その場合プロミスへの電話登録先は、自分が一日の中で、仕事で最も長く過ごす場所を登録するのがベストです。

そうすればプロミスからの電話に本人が出やすくなります。

さらに自営業者の場合、登録する電話は携帯電話でなく固定電話が望ましいです。

固定電話を引いているということは、それだけ長く自営業者が一定の場所で仕事をしている証になるため、信用面から有利になります。

職場に申込みの事実がばれないための予防策

プロミスは顧客の申込みが絶対ばれないよう、十分配慮して在籍確認の電話をかけてくれます。

それでも電話をかけられる側としては「プロミスの申込みがバレるのではないか?」と不安ですよね。

そこで職場にバレるリスクをより低減させるために、電話を受けた他の社員から「誰からの電話?」と聞かれても対処できるように、それらしい言いわけを考えておいた方がいいでしょう。

例えば以下のような言いわけだと周りにあまり怪しまれません。

  • クレジットカードを作ったので再確認された
  • 通販会社から営業の電話を受けた
  • 自動車ローンに申込みしたのでその確認電話
  • 銀行からネットで口座開設したことの事実と意思確認

在籍確認を受ける側の注意点

在籍確認を受ける際に注意するべき4つのポイントを紹介します。

同姓の人がいる場合自分の不在に備えておく

もし同じ部署内に同姓の人がいたら、プロミスが電話をかけて名前を確認した際、間違って別人に対応されるリスクがあります。

間違いからプロミスの利用がバレることを防ぐためにも、できれば自分の不在に備えて周りにきちんと根回ししておきましょう。

申込時の情報が間違っていると在籍確認できない

自分の個人情報を登録時「勤務先名」「電話番号」など重要な内容を間違っていると、在籍確認できません。

登録時には集中して、間違った情報を入力しないよう注意しましょう。

ウソの勤務先を登録しない

プロミスの申込者の中には、現在失業中にも関わらず、あたかも働いて安定した収入があるふりをしてウソの勤務先を登録する方がいます。

あるいはアリバイ会社を使って、偽の健康保険証や源泉徴収票を発行してもらい、それを業者に提出する方もいます。

言うまでもなくこのような行為は詐欺であり犯罪です。決して行わないようにしましょう。

休職中や産休など在籍確認できない場合はプロミスへの申込みは控える

会社を休職中、産休など本人が職場におらず、プロミスが電話をかけても在籍確認できないときには申込みは控えましょう。

一般的に本人が休職中や産休中のとき、大手企業を除き、福利厚生制度が不完全な中小企業だと、雇用は守られていても、給与の支給が停止されている場合もあります。

そのような場合では安定した収入がないため、プロミスは審査を通しません。

事実を隠してプロミスに申込みしても、いずれバレます。給与が止まっている場合は申し込みを見送りましょう。

プロミスの在籍確認は無くすことはできるか?

誰でも電話を通じて職場に借入の事実がバレるリスクは避けたいですよね。

プロミスの在籍確認は必須の手続きですが、絶対に行わなければならないかと言えば条件付きではありますが、無しにできる可能性もわずかながらあります。

その条件と方法とは以下の通りです。

【条件】

  • 個人信用情報に全く問題がない
  • 借入額に対して十分返済能力がある
  • 借入額が少額
  • 勤務実績が十分ある

【方法】

  • 勤務先の在籍が分かる書類の提出で対応可能

ただし、このような対応はプロミスでは公にしていません。

あくまで審査スタッフが申込者の個別事情や要望を聞いた上で、個別判断で限定的な対応してくれる可能性があるという程度です。

プロミスの増額時や住所・勤務先など変更時の在籍確認

プロミスの増額時や住所・勤務先などの変更時には在籍確認はあるのでしょうか?それぞれの場合どのような対応になるのか紹介します。

契約極度額増額時

初回増額時には在籍確認は行われません。

なぜなら初回増額が行われるのは契約から数カ月後が多いからで、初期の融資条件にそれほど大きな変化は生じていないとプロミスが考えるからです。

しかし契約後2~3年経ってから増額の審査が行われたときには、間違いなく在籍確認は行われるでしょう。

初回審査から数年も経つと、職場を含み本人の労働環境がかなり変わっている可能性が高いからです。

住所変更時・勤務先変更時

プロミスとローン契約がある方が、住所を変更した時あるいは転職して職場を変えたときには遅滞なくプロミスにその事実を知らせる義務があります。

住所・職場の変更を怠ると、契約極度額の減額や利用停止をいきなり受けるリスクがあります。

しかし、単に住所が変わっただけでは在籍確認はありません。プロミスへの届出だけで手続きは完了です。

一方、転職などで勤務先が変わったときには在籍確認される可能性が高いでしょう。これは職場が変わったので定期収入の発生先が変わったためです。

では、雇用形態が変更なったときには在籍確認は行われるのでしょうか。

例えば同一職場で正社員からパート・アルバイトに身分が変わったようなケースです。こちらも基本的には在籍確認は行われません。

ただし本人宛に、プロミスから電話で雇用形態変更後の年収を確認されたり、利用限度額が減らされたりするリスクはあります。

在籍確認さえできればプロミスの審査には通る

初めに審査の流れで見たように、在籍確認さえ無事に通れば、審査に通ってプロミスカードローンを利用できる可能性は高いと言えます。

つまり在籍確認は審査の最終関門とも言える審査手続きです。

職場に電話がかかってくると聞くと、プロミスの利用が職場にバレるのではと心配さえる方が多いかと思います。

しかし、そういったリスクがないようにプロミスでは十分に配慮がなされています。安心して利用できるため、過度に心配せず審査に臨みましょう。

資金調達に関するおすすめ記事はこちら

▼ファクタリング即日OK!個人事業主にもおすすめ18業者比較

▼在籍確認の電話なしでキャッシングするには?

▼プロミスの審査は最短30分で完了!審査基準や注意点を解説

▼来店不要でキャッシングを利用するなら「WEB完結」がおすすめ

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。