ペイブリッジ

引用:ペイブリッジ

記事作成日:

広告業界専門!高い審査通過率・買取率を誇る「ペイブリッジ」を取材

素早く資金調達できるため、融資までの繋ぎや緊急事態でも柔軟に対応できるのがファクタリングの魅力です。しかし広告業界のように入金サイトが長いと、断られてしまうケースもあります。

そこでおすすめなのが、広告業界専門のファクタリングである「ペイブリッジ」です。

広告業界に特化したファクタリグサービスのため、長期の入金サイトでも問題なく対応してくれます。広告業界に精通しているからこそ、高い審査通過率・買取率を誇ります。

今回はそんなペイブリッジを運営する株式会社トップ・マネジメントを取材しました。法人・個人問わず広告業界の方におすすめです。

ファクタリングについて

ーーそもそも資金調達の一手段として、ファクタリングはどのようなケースで有効なのでしょうか?

弊社をご利用いただいているお客様のケースになりますが、金融機関から融資を受けるまでの繋ぎ資金や、突発的な入金ズレが発生したタイミングでご利用いただくケースが多くなっています。

また翌期に発生する売掛債権を決算前に売却し、売上高を増やすためにご利用いただくケースもございます。

金融機関の融資時における審査と異なり、ファクタリングの審査は売掛先の与信内容で買取の可否が決まるため、ご利用いただくお客様の与信内容に左右されません。債務超過や赤字決算、税金を滞納中の方でも、素早く簡単に資金調達できる点が最大のメリットです。

ペイブリッジの強みについて

ーーペイブリッジならではの強みや得意な範囲、利用にあたってのメリットを教えてください

元々ペイブリッジは広告業界で長年活躍してきた弊社スタッフが、広告業界ならではの悩みを熟知していたため「それなら広告業に特化したファクタリングを始めてみたら?」というのがきっかけでスタートしました。

先出しになる外注費や、クライアントからの入金サイト事情についても勉強を重ねてきておりますので、同業他社のファクタリング会社さんと比べても、審査通過率や買取率に関して高評価をいただいております。

餅は餅屋ではないですが、広告業界に精通したスタッフだからこそ、使い勝手の良いサービスをご提供できるのがペイブリッジの強みです。

ーー他社で断られたものの、ペイブリッジでは対応できた事例などございますか?

システム開発などで入金サイトが長いケースや、同じく印刷業に多くみられる入金サイトの問題により、同業他社様から断られるケースをよく耳にします。

しかしペイブリッジは広告業界に特化したファクタリグサービスですので、長期にわたる入金サイトでも問題なく対応できるので、資金繰りが楽になったというお声をたくさんいただいております。

ペイブリッジの顧客層について

ーーペイブリッジを利用される顧客層は、どのくらいの会社規模が多いでしょうか?業種の傾向や割合についてもお伺いしたいです

ペイブリッジを選んでいただく顧客層の会社規模としては、年商200万位のフリーランス様から年商数10億円規模の中堅会社まで、本当にまちまちですね。

業種に関しては幅広く対応できるよう研修を重ねておりますので、広告代理業はもちろんのこと、広告プロダクション、IT関連企業、SE事業、ネット通信事業、印刷業、インターネットに関連するグラフィックデザイナー、WEBデザイナー、コピーライター、カメラマン、イラストレーターなどのフリーランスの方まで、様々な業種を多角的に支援できます。

割合についてはたくさんのお問い合わせがあるので、気にして考えたことはございません。一人でも多くのお客様へ、事業資金をお届けするのが私共の役割であると考えております。

ーーペイブリッジの顧客は、どのような状況で利用されるのでしょうか?利用金額の平均はいくらくらいなのでしょうか?

外注費や先出経費などの捻出に、ペイブリッジをご利用になられる方がほとんどです。

金額は100万円ほどから500万円ほどが最も多く、1,000万円以上のご利用も多々ありますね。

今まで最大で3億円をご利用いただくケースもありました。フリーランスの方々では20万円ほどから100万円ほどのご利用が多いですね。

ーーペイブリッジは対応地域に限りはありますか?

日本全国対応可能です。

ペイブリッジの買取から入金までの流れについて

  1. お電話またはメールでのお申込み
  2. 専門スタッフによるヒアリング及びご面談(WEB面談・来店・出張からお選びいただけます)
  3. 審査(審査時間は2、30分程度)
  4. ご契約(オンライン契約・来店契約・出張契約・郵送契約からお選びいただけます)

ーーペイブリッジを利用するにあたって、必要な書類を教えてください

  • 売掛先との成因資料(ご請求書・発注書・受注書のいずれか)
  • 取引銀行の御通帳(6か月分)

※場合によっては決算書・確定申告書をご提出いただく場合がございます。

ーー入金までの期間はおよそどれくらいを想定していればよいでしょうか?

ご利用金額にもよりますが、即日ご利用希望されるお客様がほとんどなので、最短で即日(お申込みから2時間ほど)~翌日には売買代金をお振込みしております。

ペイブリッジで対応不可となる場合について

ーーペイブリッジを利用するにあたり、NGとなる場合はありますか?

反社会勢力と関わりがある方はご利用いただけません。

またペイブリッジにて対応していない職種に該当される方は、㈱トップ・マネジメントにてご対応いたします。詳しくはお問い合わせ下さい。

ーーペイブリッジで買取対応していない債権はありますか?

正常債権以外の債権はお買取りできません。(不良債権は買取NG)

ーーペイブリッジではNGな業種や事業形態はありますか?

フリーランス様でも個人事業主様でも、前述した業種であれば対応可能となります。それ以外の方は、㈱トップ・マネジメントにてご対応いたします。

ペイブリッジの手数料について

ーーペイブリッジでかかる具体的な手数料の目安を教えてください

【ファクタリング手数料に関して】

  • 2社間ファクタリングをご利用の場合:原則として3.5%~12.5%
  • 2.5社間ファクタリングをご利用の場合:原則として1.8%~8.0%
  • 3社間ファクタリングをご利用の場合:原則として0.5%~3.5%

※2.5社間ファクタリング『電ふぁく』もペイブリッジお申込みのお客様へ適応可能となります。

【債権買取上限額】

売掛先1社に対しての上限は1億円まで。売掛先が複数ある場合の買取総額上限は3億円までとなります。

※お買取りした売買代金の振込手数料は弊社が負担いたします。

【その他の諸経費】

  • 売買契約書に関する印紙代400円(※オンラインによる電子サイン契約に印紙代はかかりません)
  • 債権譲渡登記を行なう場合は登記費用分実費として印紙代7,500円

弊社では上記費用以外で同業他社様でかかる「初回手数料」などは、一切いただいておりませんのでご安心ください。

ペイブリッジ・株式会社トップ・マネジメントの現状と今後について

ーーコロナ禍前後でペイブリッジに変化はありましたか?

コロナ禍により今まで当たり前に行ってきた対面でのご契約から、オンラインでのご契約を希望するお客様が増えてまいりました。

コロナ禍初期からオンライン契約を導入した事により、「密」を避ける形でのお取引にてサービス提供件数も右肩上がりで増加しております。

しかしながら大切な売掛債権を売買する取引相手は、慎重に選びたいというお客様が存在するのもまた事実です。

「信用できる相手なのか直接会って確かめたい」「オンラインで良く分からない業者と取引するのは抵抗がある」そんな経営者様も当然いらっしゃるので、弊社ではオンライン契約と対面契約をお選びいただく形で、安心感のあるお取引ができるようスタッフ一同心がけております。

ーー今後予定しているサービスや取り組みなど、もしあれば教えていただきたいです

株式会社トップ・マネジメントでは、最近ローンチした新規サービスとして「見積書・受注書・発注書ファクタリング」を開始しております。

こちらはお申込み段階での請求書は不要で、見積書・受注書・発注書のいずれか一点があれば、請求書の発行を待たずに入金サイクルを大幅に改善できる画期的なサービスとして、サービス開始以降ご好評をいただいております。

「見積書・受注書・発注書ファクタリング」にご興味のある経営者様は、ぜひ詳細をご確認いただきお問い合わせください。

ーー本日はお時間いただき、ありがとうございました。

▼長期の入金サイトでも対応可能!法人・個人問わず利用できる▼

→広告業界専門の「ペイブリッジ」への申込はこちらから

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。