建設業の資金繰りは厳しい?素早い資金繰りに対応できる方法もチェック

建設業は、資金繰りが厳しくなる傾向にあり、中には黒字倒産という形で企業が消えるケースもあります。こうした状況を解消するためには、素早い資金繰りでキャッシュフローを改善させる必要があるでしょう。

この記事では、建設業の資金繰りについて説明します。また、資金繰りの方法やおすすめの資金繰り手法について紹介します。

建設業の資金繰りは厳しい傾向がある

建設業の資金繰りは厳しい傾向にあります。これは大手でも小規模事業者でも同じことです。

その理由としては、工事を受注する際の費用は前払いが多いものの、工事代金の振込が工事の後が多いためです。前払いで工事代金を受け取れないケースが多くなっているため、工事の際に必要な資金が足りなくなり、倒産へつながる恐れがあります。

現在でも、工事代金の前払いというのはあまり進んでいません。この影響もあり、資金繰りに苦慮している業者は多く、倒産寸前で工事を請け負っている状態まであるのです。早期に資金繰りの安定を作り出す必要があるのは間違いありません。

工事を確実に遂行するためにも、資金繰りの方法やスピードは非常に重要となっているのです。

資金繰りを誤ると黒字倒産の可能性も

建設業は黒字倒産に陥るケースも多く、資金繰りがしっかりできないときのリスクは高くなります。

資金繰りがしっかりできないと先にキャッシュがなくなり、雇用や経営が維持できなくなります。雇用が守れなくなれば工事は進められなくなり、経営が続けられないと会社は消えてしまいます。こうした厳しい状況の中、資金繰りをしっかり考えておかないと、黒字倒産へ突き進んでしまいます。

黒字で経営を進めているにもかかわらず、キャッシュがなくなって倒産するという問題は避けなければなりません。資金繰りの方法はしっかり考えましょう。

建設業の資金繰り手法は?

建設業で使われている資金繰りの手法は、従来まで利用されている方法に加え、これから使われることになる手法もいくつかあります。現在採用されている主な方法は以下の通りです。

  • 銀行の融資
  • 国の融資
  • オンライン融資
  • ファクタリング

こうした方法によって、建設業は資金繰りを安定させています。これから利用されることになる手法などもチェックし、おすすめの資金繰りを見つけておくといいでしょう。

ここからは、建設業で使われている資金繰りの方法について、詳しく説明します。

銀行の融資

資金繰りの定番として採用されているのが、銀行からの融資です。銀行が持っている業者向けの融資を活用して、希望している金額を借りるというものです。

銀行の融資はさまざまな場所で受けられるメリットを持っています。また、複数の銀行から借りられるケースも多いため、複数の銀行から融資を受けて、資金繰りを安定させている建設業者もいます。

しかし、銀行の融資を受けるまでには、多くの時間がかかってしまいます。その理由が、書類等の確認に時間がかかってしまうためです。また、本当に融資ができるのか、経営状況を確認するための作業も必要となり、短時間での融資は受けられない傾向があります。

黒字倒産につながっている1つの理由が、こうした銀行の融資に時間がかかってしまい、資金を必要な時期までに得られない問題があります。銀行の融資は安定で大きな額も期待できますが、短時間での融資を希望する場合には向いていません。

国の融資

国が持っている融資や助成金を活用して、資金繰りを安定させる方法もあります。

建設業は、日本政策金融公庫から融資を受けられるケースが多いため、どうしてもお金が足りないと感じている場合は依頼するといいでしょう。融資までにかかる時間は少し必要となりますが、国からの融資によって一時的に経営を安定させられる状況が作られます。

また、地域建設業経営強化融資制度と呼ばれるものもあります。元請けを担当している建設業者が利用できる制度で、出来高を早期に現金化して資金を確保できる方法です。こちらを採用している業者もありますが、利用できる業者は限られています。

国や団体から行けられる融資も非常に使いやすいメリットを持っていますが、利用できるかどうかは実際に相談して判断しなければなりません。場合によっては、制度を利用できない場合もあるため注意しておきましょう。

オンライン融資

近年採用されている方法として、オンライン上で融資を受けるというものです。

基本的な方法は銀行の融資と変わりませんが、オンライン上ですべての手続きが完了します。面談についても必要はなく、あらゆるデータを基にして与信審査を行い、最終的に融資を受けられるかどうかを判断してくれるのです。

オンライン融資は、AIを活用した新たな手法として期待されており、資金繰りに困っている企業はもちろんのこと、安定した資金繰り手法を見つけたいと考えている企業も利用しています。最大の理由は、短時間での融資が期待できる点です。

銀行の融資と違い、面談や書類の提出にかかる時間は短くなっています。また、審査にかかる時間も大幅に短縮されており、銀行の融資に比べて早くお金を借りられるメリットがあります。その一方で、大掛かりな融資が受けられない傾向があるため、建設業でも小規模事業者向けと言えます。

ファクタリング

こちらも最近注目を集めるようになった方法です。

売掛金をファクタリングの専門業者に買い取ってもらい、現金化してもらいます。そして、売掛金が振り込まれた後、売掛金を業者に支払います。この方法は、現時点で抱えている売掛金を即座に現金化できるメリットを持っている他、大掛かりな資金繰りにも対応できる点が魅力です。

その一方で、ファクタリングによる企業の信頼性という部分は気を付けなければなりません。売掛金を現金化する場合は、相手企業に対して確認を取るなどして、ファクタリングによる資金繰りが実施できるのか理解する必要があるのです。

相手企業から認められるという条件こそあるものの、これまで紹介した資金繰りの方法に比べて非常に手軽であること、そして書類等の提出だけで簡単に融資を受けられるという利点があります。素早く大きな資金繰りにつなげられる、これからさらに注目される手法となるでしょう。

建設業にはファクタリングがおすすめ!その理由は

建設業に一番おすすめの資金繰りはファクタリングです。

ファクタリングによって、建設業が抱えている資金繰りの問題が解決され、早期にキャッシュを準備できます。また、短時間で処理を完了させられる利点もあり、すぐにお金が必要なときも安心して利用できる方法です。

建設業がファクタリングを利用するメリットは、主に4つに分けられます。

  • 早期に売掛金を現金化できる
  • 会社の経営状況が厳しい場合も利用可能
  • 高額な資金調達も可能
  • 短時間での現金化を実現

この4つの理由により、建設業者はファクタリングを利用したほうが資金繰りは安定します。特に経営状況にかかわらず、資金繰りが期待できるのはいいところでしょう。

ここからは、ファクタリングを利用するメリットについて説明します。

早期に売掛金を現金化できる

ファクタリングが持つ一番のメリットは、早期に売掛金を現金化できるという点です。

ファクタリングは、最短即日で現金化を実現してくれる方法で、待たなくてもいいのです。小規模なファクタリングであれば、その日のうちに現金化できて、経営の資金として自由に使えるようになります。

また、大掛かりなファクタリングを実施する場合でも、数日後には資金に変えてくれます。どれだけ大きなファクタリングを希望しても、業者側が指定した時間までに現金を手に入れられるのがいいところで、銀行のように融資のタイミングがわかりづらいという問題が起こりません。

ファクタリングの方法にもよりますが、短時間で資金調達を希望している建設業にはとても使いやすい方法です。上手に利用すれば、資金ショートの問題を回避できるでしょう。

即日現金化できるおすすめファクタリング業者をチェックする!

会社の経営状況が厳しい場合も利用可能

こちらも大きなメリットとなるもので、会社の経営状況が不安定な場合でも利用できます。

銀行の融資は、会社の経営状況が悪いと認められません。その理由は返済されない可能性が高いためです。また、国や団体の融資は経営が悪化しても融資を受けられますが、経営状況がずさんだと判断されれば、許可されない場合もあります。

ファクタリングの場合は、赤字経営を続けている場合でも利用できます。また、資金調達が上手にできておらず、経営状況が不安定だと判断される場合でも認められます。ファクタリング業者が見ているのは、会社の経営状況ではなく、売掛金の信頼性という部分です。

売掛金がしっかりと振り込まれ、問題なく資金として提供した金額が返ってくるのであれば、依頼する会社の経営状況はまったく関係ないのです。ファクタリングの強みとも呼べるこの部分は、経営状況が不安定になりやすい、中小の業者に安心できるポイントです。

即日現金化できるおすすめファクタリング業者をチェックする!

高額な資金調達も可能

どれだけ大きな売掛金でも、資金に変えてくれる点が魅力です。

ファクタリングは、専門の業者が最大で現金化できる範囲を設定しています。業者ごとに、最大で支払える金額は変わりますが、ある程度大きな金額でも対応してくれる業者が多く、大きな売掛金も売却しやすくなっているのです。

また、高額な売掛金も速やかに現金にして振り込んでくれるというのは、安心できるポイントでしょう。どれだけ大きな金額でも、少額なファクタリングと同じようなタイミングで振り込んでくれる業者があるほど、安心できる資金調達が可能となります。

即日現金化できるおすすめファクタリング業者をチェックする!

短時間での現金化を実現

現金化までにかかる時間が短く、売掛金の確認に必要な時間も短いメリットがあります。

短時間で現金化できる理由は、審査を実施していないためです。会社の情報を確認し、売掛金に問題がないと判断すれば、その時点で現金化するという選択を取ります。銀行や国の融資、さらにはオンライン融資とは異なり、審査をしていない点がスピードにつながっているのです。

審査をしないという点は、融資を受ける際に会社の情報をあまり提示する必要がないというメリットもあります。あまり会社の情報を知られたくないと思っているなら、ファクタリングを利用して資金繰りを検討するといいでしょう。

即日現金化できるおすすめファクタリング業者をチェックする!

建設業がファクタリングを利用する際の注意点

ファクタリングは、利用する際にどのような形式で行うのか注意したほうがいいでしょう。特に重要なのは、2社間ファクタリングを使うのか、それとも3社間ファクタリングを使うのかという点です。

2社間ファクタリングは、ファクタリング業者と利用者だけで解決する方法です。手数料は高いものの、相手の会社に知られないように現金化できるメリットがあります。しかし、相手がファクタリングの事実を知ってしまうと、信頼性がなくなってしまい、仕事を打ち切られる恐れがあります。

一方で3社間ファクタリングは、売掛金を支払う会社側もファクタリングの手続きに入ってもらう方法です。2社間よりも時間はかかってしまいますが、相手企業の信頼性は損ねないため、関係性も良好なまま仕事を続けられます。また、ファクタリング手数料を削減できるメリットを持っています。

余程の事情がなければ3社間ファクタリングを持つ会社に相談してください。ファクタリング業者の中には、2社間ファクタリングのみ対応している業者もあります。事前にしっかりと情報を確認し、3社間でのファクタリングができるか確認しておきましょう。

建設業の資金繰り改善はファクタリングから

未だに建設業の資金繰りは厳しい現状が続いており、各社はさまざまな方法を利用して資金繰りの改善をはかっています。近年はネットで利用できる融資の方法も登場したため、昔と違って融資を受けやすい環境は整っています。ただ、融資までにかかる時間はなかなか改善されていません。

そんな中、短時間で資金繰りを改善できるファクタリングが注目を集めつつあります。建設業は売掛金を持っている傾向が多いため、ファクタリングを使うだけで大きな資金繰り改善につながります。どうしても資金繰りを改善する必要があるなら、ファクタリングを検討してはいかがでしょうか。

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。