免許証キャッシング?給与明細なしカードローンとは?

免許証キャッシング?給与明細なしカードローンとは?

pixabay

カードローンの審査には必要な書類があり、免許証や給与明細などの提出を求められます。

この内、免許証などの「本人確認書類」は簡単に用意できますが、給与明細のような「収入証明」はそうはいかないケースもありますよね。

そのため、「収入証明なしで借入できるカードローンを知りたい!」という人も多いでしょう。

では、そんな収入証明なしで借入できるカードローンはあるのでしょうか?

カードローンなら免許証だけ給与明細なしでも借入できます!

多くのカードローンは、免許証だけでも利用できるケースがあります。

カードローンは消費者金融と銀行のものが主流ですが、どちらも限度額によっては本人確認書類だけでもOKです。

このため、次で解説する条件に当てはまらなければ、給与明細などの収入証明は不要となります。

消費者金融で収入証明が必要になるケース

消費者金融で収入証明が必要になるケースは、以下のいずれか、あるいは両方に当てはまる場合です。

•借入先で限度額50万円超を希望する場合
•借入先の希望限度額と他の貸金業者の借入合計が100万円超になる場合(他の貸金業者=消費者金融・信販会社・クレジット会社)

消費者金融の場合、「貸金業法」によって、上記の条件に当てはまる申込者に対して、収入証明の取得義務があります。

※ズバリ!最も申し込みされているおすすめファクタリング業者はコレ!(電話orメール対応可)

銀行カードローンで収入証明が必要になるケース

銀行カードローンで収入証明が必要になるのは、各社によってことなりますがが、「限度額50万円超から必要」という場合が多いです。

実際に、大手銀行カードローンの収入証明が必要な条件も、以下のように「限度額50万円から」となっています。

カードローン名 収入証明が必要になる条件
三井住友銀行カードローン 限度額50万円超を希望する場合
みずほ銀行カードローン 限度額50万円超を希望する場合
三菱UFJ銀行カードローン バンクイック 限度額50万円超を希望する場合

このため、銀行カードローンでは、限度額50万円超を借入する際は、収入証明が必要になると思っておくのがおすすめです。

カードローンを免許証だけで借入するための条件3つ!

引用:pixabay

ここからは、カードローンを免許証だけで借入するための条件をお伝えしていきます。

先の章で限度額によっては給与明細などは不要と解説しましたが、それはあくまで原則であり、絶対ではありません。

「お金に関しての信用や返済能力に不安がある」などと、審査担当者に判断された場合、より詳しい審査のために、限度額に関係なく収入証明の提出を求められるケースがあります。

そのため、カードローンを免許証だけで借入するには、最低限以下の3つのポイントをおさえておくことが重要です。

•会社に所属して毎月収入を得る
•他社の借入額や件数が多すぎない
•信用情報に問題がない

※ズバリ!最も申し込みされているおすすめファクタリング業者はコレ!(電話orメール対応可)

会社に所属して毎月収入を得る

会社に所属して毎月収入を得るという点は非常に重要です。

カードローンの審査でもっとも重視されるのは、「収入の継続性」であるため、この点に不安があると、限度額に関係なく収入証明の提出を求められる可能性が高くなります。

たとえば、自営業の人の場合、自宅が勤務先になることが多いため、「在籍確認」をしても本当に収入があるかわかりません。

このため、確定申告書などの収入証明の提出を求められるケースが多いです。

そうしたことから、収入証明不要で借入したいなら、アルバイトやパートでも良いので、会社に所属して毎月収入を得るようにしましょう。

他社の借入額や件数が多すぎない

他社の借入額や件数が多すぎないという点も大事です。

これらが多すぎると、返済能力を不安視され、収入証明の提出を求められることがあります。

理由は他社借入が多い人ほど、毎月の返済額も大きくなり、返済に使えるお金が少ないと判断されやすくなるからです。

このため、次のような他社借入がある際は、その金額や件数をなるべく減らしてから申し込みをするのが得策です。

•カードローン・キャッシング
•クレジットカードのキャッシング枠
•フリーローン

信用情報に問題がない

信用情報に問題がないという点も重要です。

■信用情報とは

信用情報とは、「個人信用情報機関(CIC・JICC・JBA)」に記録されている、あなたがこれまで利用したクレジットカードやローンなどの利用履歴を指します。

信用情報に次のような問題があると、返済能力やお金に関する信用度を疑われ、収入証明の提出を求められる可能性が上がります。

•延滞記録が複数ある
•債務整理や長期延滞などの事故情報がある

上記のような記録がある人は、また返済トラブルなどを起こす可能性が高いと判断され、そもそも審査に通りづらいです。

審査に通過できる場合でも、通常よりも詳しく審査されることが多いため、限度額に関係なく収入証明の提出が必要になることがあります。

免許証だけで借入できるおすすめのカードローン3選!

引用:pixabay

この章では、免許証だけで借入できるおすすめのカードローン会社を紹介していきます。

紹介中の3社はどれも免許証だけで借入ができ、全国対応しており、ネットのみで借入まで完結が可能で優れたサービスもあるため、申込先の候補にしてもらえれば幸いです。

■レイクALSA

金利 年4.5%~18.0%
限度額 最大500万円
審査時間 最短当日
融資時間 最短60分

 

レイクALSAは「新生銀行グループ」の消費者金融系カードローンになります。

そんなレイクALSAのメリットは以下のとおりです。

•融資までは最短60分
•WEB申し込みなら60日間無利息
•借入額が5万円までなら180日間無利息
•カードレスでも利用できる
•公式アプリ「e-アルサ」ならスマホひとつで利用可能
•提携先ATMの手数料無料

レイクALSAに最大魅力は2つの「無利息サービス」です。

「WEB申し込みなら60日間無利息」・「借入額が5万円までなら180日間無利息」となっており、他社よりも無利息期間が長いという特長があります。

そのため、その分だけ利息をお得にしやすいです。

※ズバリ!最も申し込みされているおすすめファクタリング業者はコレ!(電話orメール対応可)

■プロミス

金利 年4.5%~17.8%
限度額 最大500万円
審査時間 最短当日
融資時間 最短60分

 

プロミスは「SMBCコンシューマーファイナンス株式会社」の消費者金融系カードローンです。

そんなプロミスには次のようなメリットがあります。

•最短30分の審査
•融資までは最短60分
•30日間の無利息サービスあり
•カードレスでも利用できる
•アプリローンならスマホひとつで利用可能
•三井住友銀行のATM手数料無料

プロミスの最大の特長は、大手カードローン会社の中でもサービスが充実しているという点です。

即日融資ができるのは当然として、無利息サービスやカードレスでの利用、スマートフォンだけで借入や返済が可能な「アプリローン」など、とても便利なサービスが数多くあります。

そのため、「借入先に困ったらプロミスを選んでおけば問題ない」というくらい、利用しやすいカードローン会社です。

■みずほ銀行カードローン

金利 年2.0%~14.0%
限度額 最大800万円
審査時間 最短2~3営業日
融資時間 最短2~3営業日

 

みずほ銀行カードローンは、みずほ銀行が提供する銀行カードローンになります。

そんなみずほ銀行カードローンのメリットは以下のとおりです。

•上限金利が年14.0%と低め
•みずほ銀行のキャッシュカードで利用できる
•みずほ銀行ATMなら利用手数料が完全無料
•コンビニATMの利用手数料が月4回まで無料

みずほ銀行カードローンの最大の魅力は、上限金利が「年14.0%」と低めなことです。(上限金利=そのカードローンで設定される一番高い金利)

とくに上限金利の相場が「年18.0%」である消費者金融と比べると、年4.0%も低いため、消費者金融よりも利息をおさえられる可能性が非常に高くなっています。

※ズバリ!最も申し込みされているおすすめファクタリング業者はコレ!(電話orメール対応可)

まとめ

カードローンの場合、給与明細などの収入証明不要で借入可能です。

そのため、用意するのは必要書類は、免許証などの本人確認書類だけでも問題ありません。

とくに大手消費者金融と大手銀行カードローンは、希望限度額50万円以下なら収入証明は基本不要なため、小額の借入であれば、免許証だけでも借入できます。

※ズバリ!最も申し込みされているおすすめファクタリング業者はコレ!(電話orメール対応可)

 

中小企業経営者である私がオススメする業者一覧
※即日OKのおすすめファクタリング業者を見る

 

資金調達にお困りの読者様に合わせて読んでいただきたい記事

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。