ファクタリングで介護報酬を早期回収する(介護報酬早期資金化)とは?サービス内容やポイントについて

介護報酬を早期に受け取る方法として介護報酬早期資金化が注目されています。

介護報酬ファクタリング」は介護報酬早期資金化のための方法です。医療施設や介護施設などが利用できます。資金を早期回収可能なファクタリングの中でも介護報酬の回収に特化し、資金繰りに役立てる方法が介護報酬ファクタリング(介護報酬早期資金化)です。

ファクタリングの中でも介護報酬早期資金化の方法である介護報酬ファクタリングとは何か。介護報酬ファクタリングのサービスのポイントとは。本記事では、以上の点について説明します。

介護報酬ファクタリング(介護報酬早期資金化)とは?

ファクタリングとは、債権をファクタリング会社などに譲り渡し、代わりに資金を手に入れる資金繰り方法の1つです。

介護報酬早期資金化は介護報酬ファクタリングを使い、介護報酬を早期に受け取る方法になります。支払いの前に介護報酬を手にしたい。債権を有効活用したい。このようなときに、ファクタリング会社へと介護報酬債権を譲り渡し、ファクタリング会社からお金を受け取るのです。

介護費用早期資金化が可能な介護報酬ファクタリングは、診療報酬債権ファクタリングというグループに属しています。このグループのファクタリングは、病院や介護施設などの特定業種が主な利用者となり、介護報酬や診療報酬などを早く資金化したいときに使われるファクタリングです。

介護報酬ファクタリング(介護報酬早期資金化)のポイント

介護報酬早期資金化のためには、介護報酬ファクタリングの重要なポイントをおさえておく必要があります。介護報酬早期資金化のためにおさえたいポイントは、全部で6つです。

1. 介護報酬ファクタリングは借金と異なる手法である
2. 経済産業省が推進している方法である
3. 介護報酬ファクタリングの手数料
4. 国保連と介護報酬ファクタリングの関係
5. 介護報酬早期資金化までどのくらいの時間がかかるのか
6. 介護報酬早期資金化のメリットとデメリット

ポイント1: 介護報酬ファクタリングは借金と異なる手法である

介護報酬ファクタリングは金融機関からの借入とは異なります。ファクタリングという方法は、ファクタリング会社に対して介護報酬債権などを売買・債権譲渡することによって資金調達する方法になります。法的には売買契約や債権譲渡に該当するので、資金を借りる借金とは性質が異なっているのです。

方法の具体的な流れとしては、翌月以降に受け取る介護報酬債権をファクタリング会社に譲り、先に資金を受け取ることになります。借りるのではなく、介護報酬を早期に資金化してしまうのです。介護報酬ファクタリングは、お金の貸し借りである融資などとは異なる資金調達方法であることを明確にしておきましょう。

新規の借入ではないため、決算書も安心です。借入に付きものである金利も発生せず、返済計画に頭を悩ませずに済むという点でも安心な方法になります。

ポイント2: 経済産業省が推進している方法である

介護報酬ファクタリングを含めたファクタリングサービスは、新しい資金調達方法として経済産業省が推進しています。

ファクタリングを活用することにより、各業種の事業者が所持する債権を流動化可能であり、より柔軟な資金調達計画や資金繰り対策を立てられると注目されているのです。不動産を担保にしない資金調達方法としても、ファクタリングの有用性が注目されています。

アメリカではすでに各種債権を対象にしたファクタリングが盛んで、企業や個人事業主などが積極的に活用しているのが現状です。日本ではまだ金融機関の融資に及びませんが、少しずつ浸透を見せています。

介護施設も、介護報酬ファクタリングを使って資金調達をしているケースが少なくありません。介護や医療の分野では報酬の入金が遅いという点から、利用する施設や病院が特に増えていると言われています。

ポイント3: 介護報酬ファクタリングの手数料

介護報酬ファクタリングで介護報酬早期資金化をはかっても、手元に入る資金が相当額割り引かれては、介護報酬早期資金化の利便性がかなり落ちることになります。

介護報酬ファクタリングは借入ではないため、融資のような金利は発生しません。ただし、介護報酬ファクタリングを利用するときは、ファクタリング会社へ手数料を支払うことになります。手数料を考慮して介護報酬早期資金化によりどれくらいのお金が手元に支払われるのか。これは、介護報酬ファクタリングを利用する上で重要なポイントです。

介護報酬ファクタリングでの手数料相場は、0.5%~3%くらいだと言われています。ファクタリング全体の手数料相場が数%~30%と言われていることを考えると、かなり手数料相場が安い状況です。

介護報酬ファクタリングでは、支払いに応じる側に承諾を取る3社間ファクタリングが基本になります。支払いに応じる側に対して承諾を取るからこそ、手数料相場は抑え気味になっているのです。

ポイント4: 国保連と介護報酬ファクタリングの関係

一般の人が介護サービスを利用した場合、満額を個人が支払うことは少なく、基本的に介護報酬は国保などの機関から支払われます。

国保連などへ請求をしても、介護報酬がすぐに支払われることはありません。介護報酬は月単位遅れで入ってくるかたちになります。国保連とのやり取りの中で、遅れて報酬が入る。この点は、介護施設にとって頭の痛い問題になることでしょう。しかし、この点がファクタリングにおいて有利に働きます。

介護報酬ファクタリングでは、介護報酬債権をファクタリング会社に譲り渡すことによってお金を受け取り、介護報酬早期資金化を行います。介護報酬の支払いには国保連が関わるからこそ、通常の債権より信頼度が高くなっているのです。

ファクタリングにも審査があります。審査においては、債権の信頼度もチェックされます。信頼度が高い方がもちろん有利です。介護ファクタリングをはじめとしたファクタリングサービスでは、国保との関係が信頼度を与えています。また、国保という信頼できる機関が関わることが、手数料相場の低さにも関係しているのです。

ポイント5: 介護報酬早期資金化までどのくらいの時間がかかるのか

介護報酬ファクタリングによって介護報酬早期資金化をはかるためには、数日~数週間ほどの期間を見る必要があります。手続きにはファクタリング会社所定の書類等が必要になるため、準備に時間がかかればもう少し長めの期間を見る必要も。審査の混雑具合なども関係してきます。

ファクタリング会社への問い合わせは、基本的に無料です。気になる場合は、申し込みの前にファクタリング会社へと相談してみてください。

ポイント6: 介護報酬早期資金化のメリットとデメリット

介護報酬ファクタリングによる介護報酬早期資金化のメリットは、遅れて入ってくる介護報酬を早期に入手できるという点です。資金繰りや資金調達に利用できるため、介護報酬ファクタリングを利用しなかった場合と比較して、経営にも柔軟性が出ることでしょう。

デメリットは、何といっても手数料です。介護報酬ファクタリングの手数料は、ファクタリングサービス全体の中でもかなり低めになっています。これは、国保という信頼できる機関が絡むことと、3社間ファクタリングが基本になるからだという話をしました。しかし、手数料負担をゼロにすることはできません。

最後に

介護報酬早期資金化は、介護報酬ファクタリングによって行います。介護報酬ファクタリングは、介護報酬債権をファクタリング会社に譲り渡すことによって資金調達する方法です。

介護報酬の支払いは遅いため、介護施設は資金繰りに困ることも少なくありません。介護報酬早期資金化のために介護報酬ファクタリングを利用することで、資金計画に柔軟性が生まれます。介護報酬早期資金化の有益さを確認し、介護報酬ファクタリングの利用を検討してみてはいかがでしょう。

 

中小企業経営者である私がオススメする業者一覧
※即日OKのおすすめファクタリング業者を見る

 

資金調達にお困りの読者様に合わせて読んでいただきたい記事

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。

スタッフのオススメ記事

ブランド辞典・アイテム厳選記事

新着記事