ファクタリング比較サイトを徹底比較!5つのポイントから優良会社を探す方法

資金調達したい。売掛金を急いで現金化したい。中小企業の経営者や個人事業主にとって、資金調達問題は常について回る重要事です。

資金調達が急がれる局面では、銀行に頼ることは極めて難しいのが現状になっています。なぜなら、申し込んですぐに融資をしてくれる金融機関は、ほぼ存在しないからです。急を要する資金調達の局面に限って、金融機関の貸し渋りなどが発生する可能性が高いところも問題になります。「急いでお金が必要」ということは、「会社が危ないのでは」と金融機関側が勘繰るからです。

急いで資金調達したいときや、売掛金などの債権を現金化したいときは「ファクタリング」という方法があります。ただ、ファクタリングが中小企業や個人事業主にとって有用な資金調達方法であると広がるにつれ、ファクタリング会社も増えているのが現状です。

ファクタリング会社を紹介する比較サイトなども増えています。「ファクタリング」という言葉を検索すると、いろいろな会社やサイトがヒットすることでしょう。

これだけ増えてしまうと「どのファクタリング会社を使えばいいの?」「ファクタリング会社のランキング比較は本当にあてになるの?」と不安になってしまうはず。

今回の記事では、ファクタリング会社を探している中小企業の経営者や個人事業主向けに以下のポイントをまとめました。

・中小企業の経営者や個人事業主が知っておきたいファクタリングの基本知識
・信頼できるファクタリング比較サイトを見つけるために徹底比較する方法
・安心して使える優良ファクタリング会社を見つけたい場合はどうするのか

以上の3つをこの記事では解説します。

これからファクタリングを使おうと思っている中小企業の経営者や個人事業主は、自分に合った信頼できるファクタリング会社を見つけるための参考になさってください。

ファクタリングとは?資金調達の方法からメリットまで

ファクタリングとは、ファクタリング会社に売掛金などの債権を譲り渡し、資金調達する方法です。

個人事業主や中小企業経営者の場合、金融機関から融資を受けたり、ローンを借りたりする方法の方が資金調達方法として一般的な印象かもしれません。しかし、冒頭でお話したように、融資やローンには「急ぎの資金調達への対応が難しい」「急いで貸して欲しいとお願いすると、資金難や経営難などを疑われかねない」というデメリットがあります。そのため、急な資金調達に銀行などの金融機関は使い難いのです。

対してファクタリングは、売掛金などの手持ちの債権をファクタリング会社や債権売買や債権譲渡などの方法で譲り渡し、その代わりに現金を得るという方法なので、金融機関の融資やローンのマイナス面を見事に打ち消した上での資金調達が可能になっています。

ファクタリングの特徴を簡単にまとめてみましょう。

1.売掛金などの債権をファクタリング会社に譲り渡すことによって資金調達する
2.ファクタリングの方法には2社間ファクタリングと3社間ファクタリングがある
3.債権譲渡は法的に認められた手法なので安心して資金調達に使える
4.金融機関の融資やローンとは違う「譲渡(売買など)」なので借金ではない
5.急ぎの場合や信用情報に不安があってもファクタリングは使える
6.不渡りの回避や債権の滞納対策にファクタリングの活用が可能

以上がファクタリングの特徴です。

ファクタリングにはメリットが多いため、中小企業や個人事業主の新たな資金調達法として注目されています。

ファクタリングの手法や知っておきたい基礎知識は別記事に詳しくまとめているので、「ファクタリングを使う前にまずはしっかり基礎を掴みたい」という人は、別記事を参考になさってください。ファクタリングのメリットやデメリットについても、別記事で詳細に解説しています。



ファクタリング比較サイトを徹底比較!比較サイトの選び方や注意点

中小企業の経営者や個人事業主がファクタリングの基礎を知った上で「資金調達方法として使ってみよう」と思ったとします。次のステップで問題になるのは「では、どのファクタリング会社を使うか」ではないでしょうか。

資金調達に使うファクタリング会社を探すとき、多くの中小企業経営者や個人事業主は「ファクタリング」などのワードで検索することでしょう。

検索結果には、ファクタリング会社の比較サイトが多くヒットするはずです。そして、比較サイトを見ると、あまりに多くのファクタリング会社が存在し「ますます分からなくなった」と頭を抱えることも少なくありません。

検索でヒットした多数のファクタリング比較サイトを使い分けるためには、どのようなポイントで選ぶといいのでしょう。

ファクタリング比較サイトを徹底比較して選ぶ場合は、以下の選び方や注意点がコツになります。

1.ファクタリングの種類ごとに紹介されているか
2.ファクタリング会社の特徴がまとめられているか
3.多角的な視点でファクタリング会社を比較しているか
4.記事タイトルと内容に乖離はないか
5.ファクタリング会社のメリットばかりを強調していないか

ファクタリング比較サイトの情報を参考にしたり、ファクタリング比較サイトの信頼性に迷ったりしたときは、以上の5つのポイントでファクタリング比較サイトを徹底比較してみましょう。

ファクタリング比較サイトを徹底比較①
ファクタリング種類ごとの紹介

ファクタリング比較サイトを徹底比較する上で非常に重要なポイントが「ファクタリングの種類ごとに紹介されているか」です。

ファクタリングの基本的な手法は、「債権を譲り渡して資金調達する」です。ただ、基本的な手法や資金調達という結論は同じですが、ファクタリングには2つの種類があるのです。

1.個人向けか事業者向けかという種類
2.ファクタリングの対象にする債権による種類

個人向けか事業者向けかという分類は、資金調達をしようとしている個人事業主や中小企業経営者にとって重要ポイントです。

そのファクタリング会社がどのファクタリングを主に扱っているのか比較サイトが明確に記載していないと、後から「売掛金を現金化したかったのに、給与の話をされた」ということになりかねません。ニンジンが欲しくてケーキ屋に入るようなものです。

個人向けのファクタリングには、給与ファクタリングなどがあります。事業者向けのファクタリングには、売掛金ファクタリングや診療報酬ファクタリングなどの種類があるのです。

ファクタリングの種類や給与ファクタリングなどの説明は、別記事にまとめています。


また、ファクタリングには、対象にする債権による種類もあります。

一言で「事業」といっても、いろいろな事業が存在するのではないでしょうか。医療や介護の現場では診療報酬(医療報酬)債権が発生しますし、商品の納品などが関わる場合は売掛金の債権が発生します。貿易の場合は、貿易にまつわる債権が発生するはずです。このように、一言に事業といっても、債権の種類や発生原因はさまざまになります。

診療報酬債権を主に扱うファクタリング会社に「貿易の債権でファクタリングをお願いします」と申し込みをするのは、ニンジンを買いにホームセンターに行ってしまうような失敗に繋がるのです。



ファクタリング比較サイトの中には、ファクタリングの種類や対象債権を混ぜてランキング化しているサイトがあるため注意が必要です。

ファクタリングの種類(分類)ごとに紹介しているか否かで比較サイトを徹底比較しておかないと、いざファクタリングを使う段になって「柔軟な資金調達ができなかった」「資金調達に使いたい債権種類に合わなかった」などのお悩みに発展する可能性があります。最悪の場合は資金調達に失敗する可能性も・・・。

ファクタリング比較サイトを使う場合は、ファクタリングの種類ごとに紹介しているかというポイントは徹底比較するようにしましょう。

ファクタリング比較サイトを徹底比較②
会社の特徴のまとめ

ファクタリング比較サイトを徹底比較する上で重要なポイントの1つが「会社の特徴をまとめているか」です。

ファクタリング会社にも、それぞれ特徴があります。説明が丁寧なファクタリング会社もあれば、初心者にも使いやすいユーザーフレンドリーなファクタリング会社などもあるのです。他には、特定の債権や業種に特化しているファクタリング会社や、手続きがとにかく早いファクタリング会社などもあります。人間一人一人に性格や個性があるように、ファクタリング会社にも個性や特徴があるのです。

ファクタリング比較サイトを徹底比較し、そのサイトを情報媒体として活用する場合は、そのファクタリング比較サイトの「ファクタリング会社の個性や性格、特徴の分かりやすさ。まとめ方」が重要です。

情報のまとめ方はサイトによってかなりこだわっていますので、比較サイトの中でも「見やすさはどうだろう」「まとめ方はどうだろう」という徹底比較のもと、ファクタリング比較サイトをチェックしてみてください。

ファクタリングを使う中小企業の経営者や個人事業主には、ファクタリングを使おうと決めた経緯や、ファクタリングに求めるニーズがあるはずです。ポイントをおさえた会社の特徴のまとめ方をしているサイトであれば、より自分のニーズに合ったファクタリング会社を探しやすくなります。

ファクタリング比較サイトを徹底比較③
多角的視点での比較

ファクタリング比較サイトを徹底比較するときは、そのファクタリング比較サイトがファクタリング各社を多角的視点で比較しているかも重要になります。

たとえば、あるファクタリング会社については手数料の安さを褒めていて、ファクタリング比較サイトとして全体的に手数料関係の記載が多かったとします。

ファクタリングにおいては確かに手数料の安さは魅力です。手数料が少なければ、その分だけ手もとに調達できるお金は増えるわけですから。

ただ、ファクタリング会社の良し悪しは、手数料の安さだけでは決まりません。手数料はあくまで優良ファクタリング会社を探す上での1つの情報や資料になる存在ですが、ファクタリング会社の優良判断基準の全てではないということです。手数料が安いというファクタリング会社の場合、サポートをさほどしてくれない等、安いなりの理由があるのではないでしょうか。

ファクタリング比較サイトを徹底比較するときは、ファクタリング会社の情報を多角的に分析して紹介をしているかチェックしてみましょう。

ファクタリング比較サイトを徹底比較④
記事タイトルと内容の乖離

ファクタリング比較サイト徹底比較では、そのサイトの記事タイトルと内容に注目することも、1つの比較法になります。

たとえば、「東京で使えるファクタリング会社を徹底比較」というタイトルで、内容に大阪でしか使えないファクタリング会社が大量に紹介されていたらどうでしょう。記事内容と記事タイトルに乖離があります。東京で使えるファクタリング会社を知りたいのに、記事内容とタイトルに乖離があると、ニーズに合わせたファクタリング会社選びがし難くなってしまうわけです。

また、ファクタリング会社の手数料について解説し、手数料の安さを比較基準にしているファクタリング比較サイトの場合はどうでしょう。ランキングの上位より下位のファクタリング会社の方が手数料面で安くなっている場合は、ファクタリング比較サイトの情報としては疑義があります。

なぜこのようなことが起きるのか。それは、サイト側にも紹介したいファクタリング会社や誘導したいファクタリング会社があるからに他なりません。ファクタリング比較サイトにも推薦したいファクタリング会社があることは、仕方のないことです。しかし、そのために記事タイトルと異なる情報を紹介してしまうと、サイト閲覧側が情報を拾うときに不親切感を覚えます。

ファクタリング比較サイト徹底比較では、注意したいポイントになります。

ファクタリング比較サイトを徹底比較⑤
メリットを強調し過ぎていないか

ファクタリング比較サイトを徹底比較する場合は、一部の会社の情報やメリットを強調し過ぎていないか、そのファクタリング比較サイト自体を徹底比較することが重要です。

前項でもお話しましたが、多くのファクタリング比較サイトでは、そのサイトで紹介したいファクタリング会社や推薦したいファクタリング会社があります。紹介したいファクタリング会社や推薦したいファクタリング会社の紹介文や見せ方には、自然と力が入ってしまうもの。そして、よく見せようと、メリットを殊更強調していることがあるのです。

メリットを強調されると、そのファクタリング会社が良さそうに見えてくるかもしれません。しかし、多くの物事にはメリットもあれば、デメリットもあります。メリットばかりを見てファクタリング会社を選んでしまうと「このデメリットは先に教えて欲しかった」という結果になるかもしれません。

あまりにメリットだけ強調しているファクタリング比較サイトや、デメリットをほとんど記載しておらず、甘いメリットだけを言っているファクタリング比較サイトには注意が必要です。中にはメリットにより悪質なファクタリング業者への誘導を行っているファクタリング比較サイトなどもあります。

ファクタリング比較サイトを徹底比較して、信頼できるサイトの情報を参考に、自分に合ったファクタリング会社選びをしましょう。

安心して使える優良ファクタリング会社を見つけたい場合はどうするの?

信頼できるファクタリング比較サイトを徹底比較して「このサイトは信用できそうだ。使えそうだ」というサイトを見つけたら、次はファクタリングのサービス自体を申し込む会社探しです。ファクタリング比較サイトを徹底比較して情報を見定めたら、その中からどうやって安心して使える優良ファクタリング会社を見出せばいいのでしょうか。

ファクタリング比較サイトに紹介されているファクタリング会社の中から、自分のニーズに合った優良業者を見つけ出すコツは、次の5つです。

1.取り扱いファクタリングを確認する
2.会社の会社情報も忘れずチェックする
3.手数料は資金調達において重要なポイント
4.問い合わせやファクタリングの対応時間を見る
5.ファクタリングサービスの特徴を確認する

コツを把握したら、実際にファクタリング比較の中から自分に合ったファクタリング会社を見つけてみましょう。
当サイトでは、「地域」や「業種」「個人事業主が即日資金調達できる」など、さまざまな視点からファクタリング会社を比較してご紹介しています。

各社のおすすめポイントや他社との比較、実際に利用した人の声など、ファクタリング利用者に役立つ情報をまとめましたので、ぜひ参考になさってください。



取り扱いファクタリングを確認する

ファクタリング比較サイトで紹介しているファクタリング会社の中からニーズに合ったファクタリング会社を探すときは、まず「取り扱いファクタリング会社」をチェックすることをおすすめします。

ファクタリング会社には、それぞれ得意分野やメインに取り扱っている債権があります。診療報酬債権をメインに扱っていたり、2社間ファクタリングが取り扱いのメインだったりするのです。

たとえば、売掛金を現金化したくてファクタリング会社を探している場合、診療報酬債権をメインにしているファクタリング会社だと、ニーズ違いではないでしょうか。

ファクタリング会社を選ぶとき、最初にファクタリング会社の取り扱い状況を確認しておかないと、自分の望むファクタリングサービスが受けられない可能性があります。

個人事業主や中小企業の経営者は、ファクタリング比較サイトでファクタリング会社を探すときは、最初に「取り扱いファクタリング」をチェックして取捨選別するとスムーズです。

会社の会社情報も忘れずチェックする

ファクタリング会社を選ぶときは、ファクタリング会社のサイトに掲載されている情報もチェックすることがコツになります。多くのファクタリング比較サイトには、紹介しているファクタリング会社の公式ホームページURLも記載されているので、公式ページに飛んで、会社情報もチェックしてみましょう。

ファクタリング会社は、設立年月日や会社規模もさまざまです。ファクタリング会社の中には東証一部上場の会社によるファクタリングサービスもありますし、設立してからファクタリングサービスを長く提供してきた老舗などもあります。

会社情報もチェックして、「ファクタリング比較サイトで紹介されていた会社の中でも、このファクタリング会社になら安心して任せられる」という会社を見つけることがポイントです。

なお、ファクタリング会社の中でも怪しい会社や悪徳会社は、会社情報(住所や連絡先など)をぼやかして記載していることがあります。会社情報をチェックすることで、信頼性に欠ける会社を省くことも可能なのです。

手数料は資金調達において重要なポイント

ファクタリング会社のファクタリングサービスの利用には、手数料が必要になります。手数料が多いと、その分だけ調達する資金が目減りするのです。個人事業主や中小企業の経営者にとって、ファクタリング会社の手数料は注視すべきポイントではないでしょうか。

ファクタリング比較サイトでも、会社ごとの手数料率を記載していることが多いはずです。ニーズに合致しているファクタリング会社をファクタリング比較サイトで2社以上見つけた場合は、手数料率で比較しても良いかもしれません。

ただし、手数料率はサポートの度合いにも関係することがあります。また、ファクタリングは、対象になる債権やファクタリングの種類によっても手数料率の相場が変わってくるのです。

ファクタリング比較サイトに記載されている手数料率には例外(このような場合は別の手数料率を適用する等)がある場合も考えられます。情報が最新でない可能性も。ファクタリング比較サイト記載の手数料率を会社選びの材料にするときは、ファクタリング各社のホームページで念のために確認するようにしましょう。

問い合わせやファクタリングの対応時間を見る

ファクタリングをはじめて申し込むときに、ファクタリング比較サイトでは特にチェックしたいポイントになります。

はじめてファクタリングサービスを利用するときは、手続きの進め方やファクタリングサービス自体に疑問を持つことが少なくありません。そのため、ファクタリング会社の問い合わせ対応時間は、ファクタリング比較サイトでファクタリング会社を選ぶ上で重要なポイントになります。

資金調達を急いでいるときに「問い合わせ時間が早めに終わってしまう」等の事情により問い合わせ自体ができないと、ファクタリングでの資金調達も遅れてしまうことでしょう。

ファクタリング会社の問い合わせ対応時間は基本的に平日と定めている会社が多数派です。ただ、と言わせ対応時間はさまざまで、19時までの会社もあれば、18時までの会社もあります。急いで問い合わせしたいときに、1時間の対応時間の差は大きいのではないでしょうか。問い合わせ対応スタート時間が他会社より早い場合も、もちろん考慮すべきポイントになります。

また、ファクタリングサービスの対応時間について、いろいろな会社の対応時間をファクタリング比較サイトで比較しておくことも重要ポイントになります。なぜなら、ファクタリングの申し込みから完結までは、ファクタリング会社によって差があるからです。

ファクタリング会社の中には、即日ファクタリングに対応している会社もあります。ファクタリングの申し込みから資金調達までに要する時間も、ファクタリング会社選びで注目したいポイントになります。

ファクタリングサービスの特徴を確認する

ファクタリング会社には、会社ごとに特徴があります。

たとえば、ファクタリングサービスの相談だけでなく、広く資金調達についてアドバイスをしてくれるような会社や、ファクタリング手続きを郵送でできるところもあるのです。ファクタリング会社とおつき合いするときは、その会社の特徴を把握しておつき合いしたいもの。

ファクタリング会社の特徴は、ファクタリング比較サイトにも多くの場合は記載があります。また、ファクタリング比較サイトから会社の方のホームページに飛ぶと、会社サイトのトップページのよく見えるかたちで「即日」「郵送での手続きOK」など、その会社の特徴が記載されていることも多くなっているのです。これは、特徴こそがファクタリング会社のアピールポイントのひとつだから。

担当とのやり取りが嫌だという人は、郵送での手続きにメリットがあることでしょう。反対に担当とやり取りしながら、質問事項などを適宜解決したい、資金調達について話をしたいという人は、ある程度相談できるという特徴を持つ会社の方がメリットを感じやすいかもしれません。

それぞれのファクタリング会社のアピールポイント(特徴)は、ファクタリング比較サイトで会社を選ぶときに、徹底比較したいポイントなのです。

最後に

ファクタリングを利用するときは、ファクタリング比較サイトからファクタリング会社を探すことも少なくありません。ファクタリング比較サイトを使うときは、ファクタリング比較サイトを徹底比較して、信頼でき、かつ安心して使えるサイトを見つけることが重要です。

ファクタリング比較サイトを徹底比較してサイトを決めたら、次はファクタリング会社探しになります。ファクタリング会社探しにも、コツがあるのです。

優良ファクタリング会社を見つけることが、ファクタリングで「良い資金調達ができた」と思えるコツになります。コツやポイントをおさえ、自分に合った優良ファクタリング会社を見つけましょう。

 

中小企業経営者である私がオススメする業者一覧
※即日OKのおすすめファクタリング業者を見る

 

資金調達にお困りの読者様に合わせて読んでいただきたい記事

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。

スタッフのオススメ記事

ブランド辞典・アイテム厳選記事

新着記事